• ホーム
  • バイアグラと里芋の併用で勢力増強効果は増す?

バイアグラと里芋の併用で勢力増強効果は増す?

バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルというもので、日本では初めて勃起不全症(ED)治療薬として臨床応用された医薬品です。
この薬はホスホジエステラーゼVという酵素の機能を阻害することによって、血管平滑筋弛緩を誘発するサイクリックGMPの分解を抑制し、結果血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張します。
これが陰茎部に起こると、陰茎海綿体への血液流入量が増加し、勃起を引き起こしやすくなるのです。
勃起不全症治療薬はバイアグラの他に、レビトラ、シアリスがありますが、これらもバイアグラと同様の作用機序によって効果を発揮します。

バイアグラには食事や一部の薬物の併用、服用のタイミングなど服用のコツがあります。
ここでは里芋の摂取、そして最適な服用時間について解説します。

まず里芋に関してですが、里芋は昔から勢力増強に効果があると言われており、EDの方はバイアグラと併用することもあるでしょう。
ただバイアグラは食後2時間以上は服用を避けることが望ましい薬です。
というのも食後に服用すると有効成分のクエン酸シルデナフィルの吸収速度が遅くなってしまうのです。
里芋を食べる場合にも当然2時間以上後にバイアグラを服用するのがいいでしょう。

また食事の影響以外にも最適な服用時間を選ぶための重要な要素があります。
それは効果が発現するまでに要する時間です。
バイアグラは服用してから30分程度で効果が発現すると言われており、性行為の1時間前の服用が理想の服用時間です。

これらのことからこの薬を使用する際には、食後2時間以内の服用を避けること、そして性行為の1時間前に服用することで最も効果的に使用ができます。
是非使用の参考にしてみてください。