• ホーム
  • 偽物バイアグラは本物とここが違う

偽物バイアグラは本物とここが違う

薬を飲んでいる男性

バイアグラはED治療薬として人気の薬の一つですが、日本で手に入れるには一般的には医師の処方が必要となっています。
しかし、医師の処方が必要であるというのに抵抗があるために、薬は入手したいが他の方法で手に入れたいという人も多くいます。
そうした人たちがネット通販を利用した、個人輸入代行サイトを利用して海外からバイアグラを手に入れています。
この行為自体は法の範囲内であれば問題はないのですが、ネット通販で販売されているED治療薬のおよそ6割は偽造品であるというデータもあります。
ネットを利用した個人輸入代行サイトから購入する方法を利用する場合には偽物バイアグラに気をつけなくてはならないです。
本物と偽物の区別の仕方は、明らかにわかる場合もあれば、なかなか判別出来ない場合もあります。
例えば、色が本物よりも濃かったり薄かったりする場合もありますが、中にはほとんど違いが分からない場合もあります。
また、表面が本物は滑らかであるのに対し、偽物はざらざらした感じになっている場合もあります。
その他には、本物ではありえない内容量が記載されている、メーカーのロゴが本物そっくりであってもよく見てみると違っているというケースもあります。
水に溶かした時の溶け方で判別する事が出来る場合もあり、本物よりも溶け方が早かったり遅かったりする場合などもあります。
ただ、いずれにしても本物をきちんと知っていない限りは、あまりに違う場合でなければ、なかなか本物との違いを素人が判断するのは難しいです。
そのために出来る限りは病院で処方してもらって、きちんと正規品を手に入れるようにする方が安心できます。
偽物の中には有害な成分が含まれていたり粗悪な環境で作られている場合もあるので、個人輸入代行サイトで買って本物のバイアグラを使用するためにはしっかりと事前調査をしましょう。